みらい病院とは

診療放射線科のご紹介

検査について(診療技術部)

みらい病院 診療放射線科
<PACSシステムの流れ>

みらい病院 診療放射線科
<X線透視撮影>

みらい病院 診療放射線科
<CT>

みらい病院 診療放射線科
<一般撮影>

みらい病院 診療放射線科
<骨量測定>

この病院の特徴

当院の大きな特徴は、X線撮影には一切フィルムを使わない『PACSシステム』が採用されていることです。外来各診察室、健診センター、各病棟にモニターを設置し、フィルムを移動することなく、モニターで検査結果を確認できます。(当日分病棟撮影リストは夕方、各病棟へ配信されます。)このシステムでフィルムは必要なく、医師はモニターのあるところならどこでも、すぐに確認することができます。また、フィルムを廃棄する 必要もないため、環境にやさしいシステムとなっています。

PACSシステムによるメリット

  • フイルム管理及び保管場所が不要となりました。
  • ワークリストを行っているため、患者情報の入力ミスを妨げます。
  • 現象時間が無くなり患者さまの待ち時間が短縮されます。
  • 画像は院内のどこからでも撮像とほぼ同時に閲覧が可能です。
  • 過去画像との比較が容易となり診断の質が向上します。
  • 長期保存による画像の劣化が無くなります。
  • 電子カルテとの連携により業務の効率化が図れます。(将来性)

検査内容

診療放射線科では、一般撮影、骨量測定、透視、CTを行い、画像を通して患者さまの病気を見つける、また病気の状態を知るための検査を行っています。

各検査の詳細

一般撮影

一般撮影では胸部、腹部、脊椎、骨、関節のX線撮影と、DIP(点滴静注排泄性腎う造影検査)を行っています。これらはCR(コンピューテッドラジオグラフィー)といって、コンピューターによるデジタル画像で診断されます。このCR は再現性に優れ、鮮明で情報量の多い画像が得られるものです。

骨量測定

骨量測定とは、腰腰椎体の骨密度を測定して骨粗しょう症を診断するための検査です。

透視室

透視室では胃透視(バリウム)、嚥下造影などを行い、X線透視撮影をします。これはX線テレビで透視画像を見ながら、造影された必要な部位を撮影する検査です。胃透視で使われるのがDR(デジタルラジオグラフィー)です。これはフィルム不要のデジタル対応システムで、データはコンピューター内に保存され、すぐに診察室で医師が確認することができます。

CT室

全身用コンピューター断層撮影装置で、マルチスライスCTが採用されています。これは、全身を断層撮影し、それを積み重ねることで、あらゆる角度や方向から臓器を立体的に見ることができるようになっています。短時間でより細かく詳細な検査が可能です。また、患者さまには従来のような長い息止めが不要となりました。(10~15秒程度の息止め)

ミスを防ぐために

システム入力の際は、患者さまの名前は入力せず、必ずIDを入力します。これにミスがあった場合は、システムによりブロックされます。また、患者さまにフルネームと年齢を確認し、システムと技師の双方で二重のチェックを行いミスを防いでいます。

被爆の心配について

X線を照射することについて被ばくを心配される方も多いと思いますが、患者さまの病気の発見・治療のために必要なものであり、被爆の影響に比べて患者さまの利益が十分に大きいと考えられるときに行います。

私たちはごく普通に生活しているだけでも放射線を受けています。それは宇宙や地表面から受けているもので、年間2.4ミリシーベルトです。東京~ニューヨーク間ヲ飛行機を利用すると片道で0.1ミリシーベルトです。胸部X線撮影は1回につき0.05ミリシーベルトで、1週間、戸外で宇宙や地表面から浴びる放射線量と同じです。

医療法人社団 映寿会 みらい病院
〒920-8201 石川県金沢市鞍月東1-9
TEL:076-237-8000
FAX:076-238-7624
外来受付時間
平日:8時45分~12時00分・13時45分~16時45分
土曜:8時45分~14時45分
休診日
日曜、祝祭日、年末年始