みらい病院とは

ドクター紹介

  • 院長 前田敏男
  • 毛利郁朗(副院長)
  • 竹村 修
  • 平松孝司(健診副センター長)
  • 前山美千代(内科医長)
みらい病院 副院長 毛利郁朗

一人ひとりの
生活スタイルに合った
治療を信条に。

副院長
毛利 郁朗
内科・消化器内科
  • (プロフィール)
  • 金沢大学医学部卒業
  • 日本臨床内科医会認定医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 日本医師会認定産業医
  • 日本医師会認定健康スポーツ医

みらい病院 副院長 毛利郁朗

みらい病院 副院長 毛利郁朗

みらい病院 副院長 毛利郁朗

20年前から内視鏡や
訪問診療に取り組む。

消化器内科が専門で、内視鏡中心の治療を行っています。大腸ポリープの切除や胃ろうといって、内視鏡を使いおなかに小さな穴を開けてチューブを取り付けます。これは、食事をうまくとれなくなった方の胃に直接栄養を送れるようにするもので、約20年前から行っています。悪性のポリープや癌が見つかった場合には石川県立中央病院などに紹介しています。訪問診療も20年前から始めており、患者さんにできるだけ話しかけ、帰り際にはしっかりと手を握ってあげるよう心がけています。外来患者さんは糖尿病やコレステロール値・血圧が高い生活習慣病の方が多く、食事時間や通勤方法などライフスタイルをじっくりと聴き、一人ひとりに合わせた運動をすすめています。その一つがテレビを“見ながら”、音楽を“聞きながら”の踏み台昇降です。これならあっという間に30分が過ぎ、3ヵ月、半年と続けるとからだに変化が現れ、患者さん自身のモチベーションアップにもつながっています。

趣味のカメラを通して
患者さんとの話しが弾んで。

ジョギングが好きで、休日は走っています。踏み台昇降も自分自身が日課にしていて、ジョギングと合わせてかなりダイエットできました。この経験談を話すと患者さんにも納得してもらえます。「それもなかなか時間がない」「天気が悪いからできない」という方には、ショッピングモールを歩くだけでも大変な運動量になるのでおすすめですと提案しています。それとカメラが好きで、地域の春祭りや秋祭りなどの様子や糖尿病教室、病院の運動会などイベントの撮影係を担当しています。趣味を通して患者さんとも話が弾み、いいお付き合いをさせてもらっています。

医療法人社団 映寿会 みらい病院
〒920-8201 石川県金沢市鞍月東1-9
TEL:076-237-8000
FAX:076-238-7624
外来受付時間
平日:8時45分~12時00分・13時45分~16時45分
土曜:8時45分~14時45分
休診日
日曜、祝祭日、年末年始